木まぐれ研究所とは


 

木まぐれ研究所の大事にしている事

 

●メンバー全員が経営者

会社運営の苦労を共にし、メンバー・職員同士で苦労や喜びを分かち合い、成長していく事を目指します。

●研究提案型就労を目指す

メンバー・職員自身の働きにくさ、苦労を出し合い、自身の研究材料とします。

●単なる効率を求めたり、マイナス面を矯正したり修正していくのではなく、新しいプラス面を見つけ出したり、プラス面を伸ばしていく事を重要視します。そのための、道草や回り道、雑談・気まぐれを大切にします。

 

畑での野菜の収穫。

平成28年は、青じそ・ミニトマト・ニンジン・ピーマン・カブ・長ネギ・サニーレタス・ジャガイモ…などなど栽培しました。

今年は、青じそ・ミニトマト・ピーマン・ラディッシュ・サニーレタス…を栽培しています。

作業室風景です。

ここで、木工作業・手芸作業をしています。

木工では、主に板はがきを作成しています。

その他にも、置物、ヘッドマーク、コーヒーフィルター入れ…などを作成しています。

 

看板・表札の注文も受け付けておりますので、詳しくは011(372)0018まで、お気軽にお電話ください。

     予算に応じてお作りします。

     木材によって、価格変動します。

    例:(小)「清水」¥1000より

      (大)「田中」¥2500より

      漢字2文字以内 ¥1000

      (1文字追加毎 ¥200)

      ローマ字6文字以内 ¥1000

      (1文字追加毎 ¥100)

      ※別途、送料もかかります。  

 

 

手芸では、織り、ミシン、さしこ、棒針・かぎ針でのエコたわし作成、レジン、レザークラフト、ビーズ、

ぼんぼん、ミサンガ、レインボールーム、くるみボタン…などなど、ありとあらゆることに挑戦し、自分の出来ることをやってみようというテーマでやっています。